暫定開業(^^;

今まで使用していた鯖が飛びましてんそこでとりあえず新しい鯖でブログ作りました旧鯖のデータ吸出しはこれからなので…


awarenessxx: Source: mainichi-tv


moko1590m: atm09td: “前任の&#40…


間違った論証 「誤謬(ごびゅう)」

kijitora3: over-sleep: 間違った…


shichimin: このオッサ&#12…


shinjihi: 三十万人が&#275…


専門家から「日本の処理水海洋放出が中国不動産市場の危機を加速させる」との見方が出ている。 台湾メディアのNewtalkが伝えた。 ……そうした中、中国のあるネットユーザーが先日、 「ガイガーカウンター(放射線測定器)で自宅を測定してみたところ、数値は福島の3.0マイクロシーベルトよりもひどく、最高で9.7マイクロシーベルトになった。本当に驚いた。 中国中央テレビ(CCTV)のニュースによると東京の数値は0.01マイクロシーベルト。うちは東京の976倍になる」とし、 「カウンターは半年前に購入したが、まさか自宅で(数値が)爆発すると思わなかった。もう頭が痛い」とつづった。 投稿された場所は上海だった。 カナダのヨーク大学の沈栄欽准教授は 「中国国民は放射能汚染された物を避けるためにガイガーカウンターを購入して水産品を検査しているが、多くは汚染を発見できなかった」と指摘。その上で、 「中国の建材には広く基準値を超える放射性物質が含まれるという問題が存在し、このことは多くの中国国民を非常に驚かせている。 各都市が相次いで検査を行っているが、初歩的には中国の建築物の放射能汚染状況はおそらく珍しいことではないと示された。人々は不動産業者に不満を言い始め、中には政府当局との癒着を疑う人もいる」と説明した。 同氏はまた、「恒大から碧桂園、SOHOに至るまでの財政危機は、もともと中国の不動産バブルを崩壊させるものだったが、今では放射能汚染は海からではなく、自宅やオフィスから来ており、毎日基準値を超える放射能汚染にさらされていることが分かったのだ」と指摘。 「この発見は墜落しつつある(中国の)不動産市場に追い打ちをかけるようなもので、中国経済をさらに困難に陥れるものだ」と論じた

moja-co: 専門家から&#1230…


chikuri: ALT View on Twitter Source: mainichi-tv


awarenessxx: ・ 九尾狐💙…


leomacgivena: “マスコミ&#…


最近は右翼左翼って感じじゃなく、「現実的な人々」と「夢想する人々」、「科学を理解できる人々、理解しようとしない/できない人々」の分断になってると思う。

7thcode: 最近は右翼&#2403…