awarenessxx: “老害”二階 俊博(にかい…

awarenessxx:

“老害”二階 俊博(にかい としひろ)

キンペーの国賓来日反対決議に、猛反発の愚

私的憂国の書

2020年 7月5日

http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-3881.html

中国共産党(China)の香港国家安全維持法による香港の一国一制度化は、国際社会への挑戦である。

我々日本も、自由や人権を護る国として、また、西側諸国の一員として、この強引な香港併合には反対している。

日本は、英国、フランス、ドイツなどの26カ国とともに、スイス・ジュネーブの国連人権理事会で中国共産党(China)に対して懸念を示す共同声明を発表した。

しかし、その声明に反対し、中共を擁護する国が53カ国あったというから、敵もさるものだ。

その53か国は、下記の通りだ。

アンティグア・バーブーダ,バーレーン、ラルーシ、ブルンジ、カンボジア、カメルーン、中央アフリカ共和国、コモロ、コンゴ、キュ-バ、ジプチ、ドミニカ、エジプト、赤道ギニア、ガボン、エリトリア、ガンビア、ギニヤ、ギニア・ビサウ、イラン、イラク、クゥエート、ラオス、レバノン、レソト、モーリタニア、モロッコ、モザンビーク、ミャンマー、ネパール、ニカラグア、ニジェール、北朝鮮、オマーン、パキスタン、パレスチナ、パプアニューギニア、サウジアラビア、シエラレオネ、ソマリア、南スーダン、スリランカ、スーダン、スリナム、シリア、タジキスタン、トーゴ、UAE、ベネズエラ、イエメン、ザンビア、ジンバブエ

普段あまり交流のないアフリカの国が目立つが、

このリストは、中国共産党(China)が金をばら撒いている国の一覧として記憶しておきたい。

中東の主要国を押さえているのも不気味だ。

《省略》

from Tumblr https://mainichi-tv.tumblr.com/post/622806537629499392

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。