そもそも日本人は総じて老いも若きも「民主主義」を勘違いしている

だから「投票しなくても変わらない」「白票もまた投票」と言ったり
選挙を人気投票か何かと勘違いしている

民主主義における政治家とは、代議士という言葉が表すように
【自分の代わりに国政を託す存在】なわけで、いわゆる国民の代理人

と同時に、必ず選び出さないといけないという「制約」がある以上

【ベストではなく、ベターを選ぶ】という選択をせねばならない

民主主義ってのは、国民が主権を持っている以上【他人の責任に出来ない政治形態】
国民一人一人が政治に興味を持っていないと、単なる人気投票になり
たちまち衆愚政治に陥る

それが先の衆院選と民主政権で実証されたんだから、いい加減学習しろよ国民は

いつまでも「政治が変わらないのは政治家の所為」にするなよ、国民の所為だよそれは